2011年08月23日

退路が絶たれる7月 C78同人誌その4

いよいよ7月に突入。あと1ヶ月で作業を終わらせないと落ちますよ。
PC横のホワイトボードに貼り付けた春日部さんを横目に気合い入れ直します。言い出しっぺの責任は重く、重く…

C78making27.JPG
『げんしけん』のヒロインは春日部さん!(キリッ

『げんしけん』で擦り切れるほど読んだ5巻、夏コミにサークル参加する話。久我山の原稿が進まずグダグダになり笹原と口論になる回。険悪な雰囲気に荻上が涙、見かねた春日部さん仕切り出し激を飛ばす。ここで咲さんに惚れちゃったファンも多いでしょう。戒めとして身近に貼らせて頂いてます。「責任取れって言ってんだよ!!」





■2010/07/02
C78making28.JPG
12ページまでペン入れが進みました。14ページ目の構成も大幅変更。程良い読後感が出せるよう最終ページには気を使います。

■2010/07/03
C78making29.JPG
Shu-Zさんからカット4枚が上がりました。今年も作業UPが早いです。モデルを暦&風香に絞った理由は「あずまきよひこ漫画の貴重なフェロモンキャラだから」。なるほどよく理解されていますね。

C78making60.JPG
ハミ肉するぐらいがエロスですね分かります

C78making32.JPG
扉絵は4コマ+カットの予定ですが、Shu-Zさんの手が空いたのでカット絵はShu-Zさんにお願いします。例年通り!印刷所入稿後も色々と頼る事になるのですが…(笑)

■2010/07/04
そろそろ印刷所へ予約の手配をするので、改めて入稿マニュアルを読み返します。ひとつコミスタ上での注意書きを発見。
・5%以下の網トーン→薄すぎて出力されない
・70%以上の網トーン→濃すぎてベタで潰れる

ここまで極端な濃淡は使わないと思いますが、一応気を付けるよう執筆者さんに連絡しておきます。が、ここでもう一つ重要な注意書きを見落としています。それに気付いたのは2週間後とまだ先。

DEAD_FLG = True (カチッ

■2010/07/05
C78making37.JPG
カスガさんから漫画データが上がりました。ゲストさんに設定していた原稿の締切りが7/21なので、予定より大分早いです(ありがとうございます)。期待通り毒っ気の利いたショートパロディでした。「締切りまで時間があるのでもっと描き込みたい」と申し出がありましたので一時保留。ちなみに元ネタ(『ガメラ3』)が分からず、後日こっそり尋ねることに。

C78making38.JPG
ゴジラもガメラも伊福部昭も『アオイホノオ』読むまで知りませんでした!サーセン!

■2010/07/06
「みかんの樹」へ印刷予約・発注します。前回の教訓を生かし、フルカラー表紙PP加工付きの「でこぽんセットA(PPつやありぱっく)」を選択。

C78making59.JPG
昨年のサンデー本は表紙1色刷りでした(表紙は『青い花(3)』のパロディ。この時既に志村貴子色に染まっています)。標準の上質180K(白)じゃ味気ないと、色上質特厚口(黄)を選びますが、これが間違い、90Kの本文よりも表紙がペラい貧弱な本が出来上がります。特厚口って薄いよ!全然薄いよ!」。既に会場に搬入済み、どうしようもないのでそのまま配布しました。PP加工が無いので立ち行くお兄さん達に揉まれ手汗を吸収し、昼過ぎには見本誌1冊がお亡くなりに。事前に透明ブックカバーを用意するべきでした。

という訳で、B5・表紙カラー(PP加工)・オフセット印刷・300部です。数は毎年250部で程良く溶ける感じでしたが、「みかんの樹」には250部の単位が無いです(直接相談すれば250部も可能と思います)。以前会場で既刊本の有無を尋ねられた事があったので、どうせなら翌年に持ち越す既刊分も確保したいと300部に決定。予約受付完了のメールが届き、いよいよ退路が絶たれます。

■2010/07/08
C78making34.JPG
濡れ場を飛ばして(飛ばすなよ)最終ページまでペン入れが到達します。掘り続けたトンネルの向こうから光が刺した気分に。後はひたすらトーンを貼り背景を描き込む作業が中心になります。今のところ完成は1ページ目だけ(最終ページだけ背景残して先に仕上げていますが)。2〜4ページの仕上げ作業真っ最中です。う〜ん、こんな状態で間に合うのかな?

■2010/07/09
C78making33.JPG
Shu-Zさんの扉カットが上がってきました。キャラはお好みで依頼しましたが、描いてくれたのは神楽でした。これが後で松茸さんの原稿と超バッティングする事になります。

■2010/07/10
C78making30.JPG
十神真さんから原稿サイズの事前チェックにと、スキャンした原稿が上がってきました。
「SUGEEEEEEEEE!!」
線の迫力に圧倒されます(枠すら切ってないのに…)。岸辺露伴のスタンド食らったらこんな気分になるんだろうなぁ。これが第一線で活躍するプロの原稿というものか。

■2010/07/11
C78making35.JPG
BLZさんから風香のカットが上がります。紙を破る→中身が覗ける仕掛けはFlash使いであるBLZさんらしい。グレースケールなのでEatmanさんに黒白(2bit)に変換してもらいます。

■2010/07/12
C78making36.JPG
十神さんから完成データが届きました。はいぃ?あそこからたった1日で仕上げちゃいますか!?以前、若木民喜さんが「十神さんは月産100ページ描くすごいお方」と仰ってましたが…恐ろしいわー職業漫画家末恐ろしいわー((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

■2010/07/14
C78making62.JPG
作業の遅れを挽回するために有給。「上長もアイマス5thライブで有給取るからいいですよね!?」「自分も家事都合の為有給します!」「この前携帯からキュアブロッサム(CV:水樹奈々)の声が漏れた件は聞かなかったことにしますから!」とゴリ押し。ついでにATMで印刷代を入金し、振込明細票のコピーを必要書類として「みかんの樹」にアップロード。とりあえず入金手続きは完了しました。

そういやこの頃キュアサンシャイン爆誕で世間(?)が盛り上がっていましたが、アニメを見ている場合じゃないのでHDDレコに録画貯め込んで作業。

■2010/07/15
C78making39.JPG
4ページ目のファミレスのカットが仕上がりました。『よつばと!』8巻で登場した「Lesenyei'S(レゼネイズ?)」ですが、椅子の構造が死ぬほど複雑で背景軽くキチッてます。途中場所変えようかと思うも、キチンとした背景が欲しかったので、このカットに3日費やして何とか描き切ります。
背後によつばととーちゃんを入れます。よつばが「あべこべごっこ」してる裏で暦が別れ話をしていたとか胸熱!!

カスガさんから加筆した原稿も上がり、入稿日まで約2週間。

■2010/07/17
C78making40.JPG
佐々木バレットさんの原稿が上がりました。…これは響く。『あずまんが大王』終了直後の話なので自分のパロディと若干被りますが、バレットさんの描く話はコミカルのようで超シリアス。深々と胸に突き刺さりますよ。

■2010/07/18
C78making41.JPG
にえあさんからペン入れ進捗報告がようやく入りました。とりあえず胸を撫で下ろす。毎回美しい漫画原稿を仕上げてくれるにえあさんですが、毎回締切りに間に合わない実績も持つので要マークです(苦笑)

■2010/07/19
C78making42.JPG
松茸五郎さんの4コマ+カットが上がります。神楽!Shu-Zさんの扉絵とめちゃ被りしました。でも可愛いし夏神楽だからオッケー。神楽人気あるね、やっぱオッパイだね。

■2010/07/20
C78making43.JPG
あとがきの原稿サイズを間違えて描いてしまったにえあさんのカット。勿体無いので目次の挿絵に使わせてもらいます。

入稿まで残り10日。
自分・にえあさん・Eatmanさん以外の原稿は出揃いました。カラー表紙も残っていますが何とかいけそうでしょうか。
そう思った矢先、見落としていた注意書きが火を吹くことになるのですが・・・。

次回へ続きます。
posted by 4040 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47518511

この記事へのトラックバック